FC2ブログ
{font-family: ''HGS教科書体' ;}
  • ~Light Garden~
    セレクトショップ


    日常にスピリチュアル&癒しを
          スピリチュアルグッズ、ヒーリンググッズ

    *スピリチュアルグッズ、ヒーリンググッズなど 浄化や癒やしに役立つおすすめのものを実際に使った感想も紹介している
    ~Light Garden~セレクトショップ。

      
  • 人気ブログランキング

    人気ブログランキングへblogram投票ボタン
    スピリチュアルランキング
  • ブログ内検索

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • QRコード

    QR
  • .

  • .


2009/06/08(Mon)

ツインソウルを想って泣いた曲

go.jpg




    中島美嘉   あなたがいるから    


  あなたがいるなら もう少しだけ生きてみようかな
  あなたがいるから この人生(まいにち)、また終われない
 


 あなたがいるなら あと少しだけ頑張ってみようかな
 あなたがいるから この人生(まいにち)、また終われない


 あなたがいることで あと少しだけ生きれる気がするの
 あなたがいるから この人生(まいにち)、また終われない

 あなたがいるから
 あなたがいるから この人生(まいにち)、また終われない



----------------------------------------------------------------------------

上記はサビの部分だけですが
この曲をはじめて聴いた時、ツインを思って(感じて)
泣けて泣けて…泣きまくりました。

横田はるなさんのカバーをしたものですが、中島美嘉 が歌うと・・
彼女の声にまた、泣かされます。


ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 歌詞はこちら

ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星 視聴はこちら  

部分的に視聴できるのは結構あったのですが、全部聴けるところ、なかなかなくてやっと見つけました。一曲目は別の曲で、2曲目、02:47 からです。 
でも、こうしてみると一曲目もなんか…どことなく通じるものがあるような気がします。

肝心の視聴、できるでしょうか…。
わたしは一番最初は全部聴けましたが、そのうち途中で止まってはまた始まる、という感じの時がありました。



        ―  「あなたがいるから この人生(まいにち)、また終われない」 ―

       
          ・・・この人生(まいにち)、っていう表現、ここがポイントでしょか
         実際、「まいにち」って歌ってます。



                           

                                   本日のTOP画像も今日の夕暮れの空。








 個人セッション MENUのご案内ページ : スピリチュアル ヒーリング・リーディング、
 リコネクティブ・ヒーリング®、カウンセリング等 


 スピリチュアル情報サイト    
  SpiritualBeauty スピリチュアル ビューティ








Home | Category : ツインソウル |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/06/04(Thu)

ツインソウル

soul



地球上での時間を過ごすために一緒に惑星地球に転生することを決めた魂同士。
離れていても幼い頃から似たような環境で育っていることが多い。
一目見た時に気づく場合と気づかない場合とがある。気づきの深さはエゴや葛藤の大きさによる。

離れていても魂レベルとしての交流は常に起きていて、お互いの魂を切磋琢磨するように、それぞれの学びのレベルはほぼ同じ進度で進むようになっている。

今この地球が次元上昇する変革の時にあり、多くの魂たちがお互い同士を見つけ出そうとしている。お互いが2つで1つとなることで、キリストレベルの魂の放射が可能になる。
その放射がすべての人に行きわたるところを想像してみてください。
そして各ツイン同士がそのような状態で地球上のあらゆる場所で放射を広げていったなら、全存在、惑星すべてがその光に包まれる。
このことが何を意味するのか - 惑星地球のアセンションを助けることになる。
2つ揃った魂が極性同士(男性性・女性性)のバランスがとれ、その光が地球を包み、惑星地球もバランスを取り戻すことができる。

次元上昇はもう時間の問題ではなく、すでにそれはもう起きていることで、起こったこと。
魂同士のつながりを深めることが大きな個(ワンネス)としての一体感をもたらし、魂の目覚めに拍車をかけ、他の人々(魂たち)へも影響をもたらすことができる。

地球の創世記から常にあった始まりの瞬間の波動が、2つの魂から解き放たれた時、人間にとっての最高の悟りの状態、アセンションをもたらす。


特徴

魂が共鳴する。ハートチャクラで行われる。
声の深さが似ている(音声、ではなく)

目からの光が同じ(人間から見ると目もとが似ている)

時間・空間を越えていても、繋がりを感じている
(日常レベルで繋がりのない場合でも、夢のレベル、
潜在意識のレベルで常にコンタクトをとっている)



お互いが試される。出会うことで学びに拍車がかかり、人生が激変したり一見困難な状況に見られることもある。
お互いが人間としてのすべての学びを完了した時、最初の、元の状態に戻る。
それぞれの魂の持つ、固有のハーモニクス、バイブレーションに戻ることになる。
覚醒の瞬間は一緒だが、そこまでの時間、プロセスは、個々の魂がどれほど学びを深めているかの違いによる。
片方の負担をなくすためにも、同じ進度で進めるよう、常にコンタクトをとっている。
ただ会いたいということより、自分自身がどれだけ成長したかが図られる。
そしてそれらすべてについてさえも執着を消したとき、お互いが合一する。


すでに出会っている魂同士は、一緒にいることで学びを深める過程が用意されているものたち。
他は、個々としての学びを深めたのちに出会うということを決めてきている者たち。


衝撃 ハートの響き 落雷をうけたような感じ
その後の人生が変わる 声がハートで響く
忘れられなくなる(たとえ一見でも)
声を合わせて発生した時、ハ長調のCの音になる
周囲の人からは兄弟のようにも見える
夢に頻出する(覚えている、いないに関わらず)


これが女性同士、男性同士の場合は、深い親密さ、まるで肉親のようなぬくもりやあたたかさを感じ、他人のようには思えない。
一緒にいることで安らげる、人間関係としてもバランスの取れている状態で、仕事などのビジネスパートナーとしてやれば、成すことにはずみがつく。
常にお互いがにサポート的な存在となるので、必要不可欠となる。
でもショックな場合もあります。
お互いがまだ課題を抱えていた場合、出会いそのものが影響を及ぼすことになり、それぞれが人生の中でのプロセスが加速化されます。
気づいていても気づいていなくても、お互いに相手を思うことと、その加速化された状況の中での出来事に直面し、学んでいきます。


最大の特徴は目、体温、におい、バイブレーション。


自分自身を高めること。 愛すること。
他もすべてを愛すること。 そうすればその時は早まるだろう 受容ということです。


                                 アカシックレコードからツインソウルについての情報
                                                                by SAYA








Home | Category : ツインソウル |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/05/31(Sun)

ツインソウル、アセンション、 魂意識、創造…等についてコンパクトにまとまった一冊

hihi_20090531124225.jpg



創造(はじまりの瞬間)、魂意識、アセンション、

地球で転生することを決めた魂達が、意識的進化のためにすべてを忘却して
自分自身の真実の存在を思いだしていくというプロセス、

各転生で人として生きる上で生じる葛藤、

そしてツインソウルという概念。

・・・これらについて、短い時間で読み終えてしまうことのできるたった一冊の本の中に、
凝縮した形で、でも詳細に、繊細に、書かれていました。




永遠という名の一瞬永遠という名の一瞬
(2006/11/15)
十和音 響

商品詳細を見る



夜中に突然読みはじめ、いつの間にかうとうと寝て…(^_^;)
そして明け方にまた続きを読み、あっという間に読み終えてしまいました。

著者はヒーリングミュージックのプロデュースを手掛け、
現在はフリーのプロデューサーとして活動している方。
名前も知らなければはじめて知った人でしたが、
amazonで偶然発見して、なんとなく購入したのですが、すごい。

この人はすべてを知っている、 と思いました。


実際、スピリチュアル関連の本や書籍、Webなどでも、アセンションやツインソウルなど
上記の概念について記述されたものはとてもたくさんありますが
こんなにも短く、でも確実に書かれ、そして読む人が理解しやすいような形で書かれているものは
そんなにないと思います。

一貫してツインソウルの片方の魂(男)が、もう一方の魂(女)へ語りかける形での記述ですが、
こういう記述の仕方ゆえに、理解しやすい感じにできているのかなぁとも思いました。



ツインソウルというのは 同じ魂 と捉えている方が多いようですが、
実際には別々の魂が、地球という惑星上で転生をする時、
ひとつに結合して入ってきた、という形です。

魂が1つで地球のような物理的次元に転生すると、物質界の迷路の中で迷ってしまうため、
2つが結合することで地球へのゲートを入ってくることができます。
もう1つの魂と結合することで、男性性、女性性のバランスをとることができるからです。


2が結合して1つになった魂は、

・別々の肉体を持って同時に転生したり、
・一つの肉体に一緒に宿って転生したり、
・片方が人間として転生していても、もう一方は人間として転生せず、物理的次元にいない。
いわゆる 存在 スピリット などとして別次元にいる。

場合などがあります。



読後感はまるで映画を見た後のような、しんみりした感じ。
絵がとても美しいということもあって、内側に響くものがあり、すごく静かな感じ。
本を読んでいる感じがあまりしませんでした。

わりとすぐに読めてしまう一冊の中に、凝縮されてます。
余韻を楽しみたい方にもおすすめです^^




 スピリチュアル リーディング、ヒーリング、リコネクティブ・ヒーリング®、
  カウンセリング等 個人セッションのご予約ページ



 スピリチュアル情報サイト    
  SpiritualBeauty スピリチュアル ビューティ











Home | Category : ツインソウル |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top